販売促進の専門メディア

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

情報を持ち、変革に挑戦してほしい

日清シスコ

プロモーション活動を行う際、どんな企業をパートナーに選ぶかで、その後の成果が大きく違ってくる。成果を出すために、企業側の担当者はどのような視点でパートナーを選んでいるのか。毎号、さまざまなクライアント側の視点を聞いていく。

    日清シスコ

    [今期のプロモーション予算]日清シスコ最大規模のプロモーション予算(金額非公開)
    テレビCM放映、アイドルとのコラボなど、ブランド構築に向けて攻めの姿勢でプロモーションを実施する。

1924年に播磨屋製菓所として創業し、現在は日清食品ホールディングスの国内事業会社となっている日清シスコ。「シスコーン」や「ココナッツサブレ」、「チョコフレーク」などのロングセラーブランドを展開している。今年は、急成長を見せるグラノーラ市場において、昨年発売した「ごろっとグラノーラ」シリーズのテレビCMやイベント、サンプリングを実施。また、発売50周年を迎える「ココナッツサブレ」は人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」を起用した「おかしなイメチェン」キャンペーンを1年間に渡って展開する …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

情報を持ち、変革に挑戦してほしい(この記事です)
独自性と先進性のある価値の提供
建設的な議論と当事者意識
話題化になる瞬間をとらえ施策を行えるかという視点
自分ゴトとして考える販促
大和ハウスのパートナー選びのポイントは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する