販売促進の専門メディア

商品陳列・売場演出

商品使用シーンの提案と、一つひとつを見せる陳列

銀座・伊東屋

img02

それぞれの商品を見やすく 
リニューアル後、品数は約半分に。空間に余裕が生まれ、それぞれの商品を来店者にじっくりと見せることができ、きちんと商品の良さが伝わるようになった。また、ゆとりのある空間は、来店者に長く滞在してもらいやすいという効果も生んでいる。

高額品もきちんと見せれば購買につながる

明治37年から100年以上続く文房具専門店「銀座・伊東屋」。その銀座店が6月にリニューアルオープンした。

地下1階から12階まで、それぞれ「ホーム」「ミーティング」「デスク」といったテーマを設け、各階に商品の体験フロアも完備。またレストランやカフェも併設している。

リニューアルにあたり、品数は約半分にまで減らし、中には1/3程度になったフロアもある。「考えたのは、それぞれの商品の良さをきちんと伝えたいということと、銀座・伊東屋の空間で、クリエイティブで心地良い時間を過ごしていただきたいということです」(銀座・伊東屋 副店長 矢野隆氏)。

商品選定には同社代表も深くかかわり、「シンプルで機能的であり、長く使える」という伊東屋のスタイルに適した商品を選んでいった。「売上のデータも参考にしましたが、テイストを揃え、伊東屋がおすすめするアイテムを厳選しました」。

フロアガイド。各階にテーマがある。

品数を減らすと商品が見えてくる

今回のリニューアルにあたり …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

商品陳列・売場演出 の記事一覧

陳列・売り場演出を支える新テクノロジー
科学的な補充発注と商品・スペース配分の最適化
入店客数をアップさせる3つのポイント
遠方のアウトドア好きもひきつけた、良質な“店揃え”
「無印」のいまを発信する世界最大の旗艦店
商品使用シーンの提案と、一つひとつを見せる陳列(この記事です)
相乗効果で魅力引き立つ、ファンを増やす店づくり
リアル店舗とは異なる商品が売上 上位商品になる
「驚安」と「高付加価値商品」の融合

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する