販売促進の専門メディア

顧客が「見える」サービス

ウェブ上とリアルの購買行動データを統合する

ジェネレイト

生活者の行動や状態に関するデータを集め、効率的な店舗集客や販促につなげていこうとするサービスが次々と登場している。自社が解決したい課題や目的に合うサービスを選んでいく必要があるだろう。ここでは、販促担当者の悩み別に顧客が「見える」サービスを紹介する。

販促担当者の声

実店舗の集客策とオンラインでの打ち手がバラバラ

解決手法

ウェブ上とリアルの購買行動データを統合しよう

キャンペーンサイトの閲覧・応募といったオンラインデータだけでなく、来店情報というオフラインでの顧客購買データも一元管理し、販促の打ち手を自動化する。

リアル店舗の購買行動に合わせ自動で販促施策を打ち出す

顧客一人ひとりに最適な販促策を素早く打ち出すために、注目が集まるマーケティングオートメーションサービス。あらかじめどんな人にどんな施策を打つかルールをつくり、顧客へのアプローチを自動化するものだが、店舗への来店といったオフラインの行動についてもデータを一元管理し、セグメントされた顧客に合わせてメール配信やプッシュ通知、ディスプレイ広告の配信といった施策を自動的に行おうというサービスが登場している。開発したのはソフトバンクグループのジェネレイトだ。

同社では、これまでO2O支援サービスの提供を行っており、今回のマーケティングオートメーションサービスでもこのO2Oサービスを活用する。来店を促すキャンペーンに顧客が応募し、実店舗に来店するまでのデータを収集。さらに企業が保有する購買履歴などの顧客情報を本サービスに統合し、顧客のステータスに応じた、次なる打ち手を自動的に実行する。

例えば、キャンペーンの告知バナーを見たけれど応募していない人、応募して来店したけれど何も購入していない人 …

あと46%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客が「見える」サービス の記事一覧

顧客の好みを把握しおもてなしするには?
ウェブ上とリアルの購買行動データを統合する(この記事です)
位置情報使ったターゲティングでオンライン広告を配信
訪日客の行動を分析し、購買動機や効果的なプロモーション場所を知る
訪日中の外国人観光客に情報を配信、送客するには?
買わない客の店内行動も測定するには?
来店客の行動を分析し回遊を促進するには?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する