販売促進の専門メディア

外国人観光客おもてなしレッスン

タイ・ミャンマーのキャラクター文化と速攻拡散

ミャンマーの家電キャラクター
タイやミャンマーで人気の家電ブランド「T‐Home Electronics」のキャラクター“Mr.T HOME”。石田大成社がデザインしタイ人のマーケティング担当者が選定。現在ミャンマーで使用されている。企業イメージに沿った色合いで、特に「強くて長持ちステンレス」を表現するためにシルバー色を使ったヒーローとなった。

大衆文化の中でのキャラクター

今やどこでも見ることのできる「キャラクター」。しかし、タイに赴任した6年前を振り返ると、今ほど販促の中でキャラクターが共存していた印象はありません。キャラクターに意味を持たせる文化は、さほど根付いておらず、「かわいい」というだけで良かったものかと思われます(実は日本的なデザインセンスとの違いなどから、タイ発「気持ち悪い」キャラクターも多く生まれていましたが)。

もちろん今の10~20代が生まれた時に、既に支持を得ていたものもあります。「ドラえもん」や「ハローキティ」が良い例です(アメリカ発のコミックヒーロー物なども含めると多々あります)。キャラクターが浸透する背景には、各キャラクターに「性格(=キャラクター)」や物語性が付随し、共感を得たことが挙げられるでしょう。

メディアの変化とキャラクター文化の今

しかしその物語性 …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

外国人観光客おもてなしレッスン の記事一覧

タイ・ミャンマーのキャラクター文化と速攻拡散(この記事です)
「ディー、ナー(グッドのタイ語)」とタイ観光客から聞くことができるか
訪日客向けSNSでのアピール、3つのポイント
中国人観光客にブランドを浸透させたい時の「ネーミング」テクニック
エリア選択、口コミ、参加型―中国人観光客を惹きつける3つのキーワード
訪日中国人向け販促物のデザイン、表現はどう考えればいい?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する