販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

ショールーミング時代に必要な店頭ツール

Technogel Italia 「テクノジェルスリーピング」販売什器/向坂文宏(電通テック 店頭企画部 部長)

POPや什器に書かれた言葉やキャッチコピーも大切だが、「実際に触れることによって感じる体験」は何よりも強い説得力を持っている。

「見る」「知る」「触る」
ショールーミング時代に必要な店頭ツールとは

最近、“年々”どころか“月々”単位で、ECの市場規模拡大を感じる。さまざまな業態が、オムニチャネル環境を整備しようとECサイトを充実させ、商品の受け取り方法の改善など、ECを利用する買い物客の利便性向上にも努めている。一方のリアル店舗では、ショールーミング化と呼ばれる現象が進み、厳しい経営になっているという話も聞く。周知のことではあるが、リアル店舗はオムニチャネル環境下において、商品確認の場となっている。

リアル店舗がショールーミングの場として活用されるのであれば、店頭ツールもそれに対応した形に変わっていくと思う。つまり、オムニチャネル環境下における、「実際に触って体験できる」場という貴重な役割を果たす為だ。したがって、より積極的に商品に触れてもらう施策が …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

ショールーミング時代に必要な店頭ツール(この記事です)
「使う人」のことを想像させる店頭ツール
日用品こそ、新しい提案!旬の使い方を自分ゴト化させる
ギミックで惹いて差異化ポイントを強力アピール
売り場のエンターテインメント! 想像力を広げる動くディスプレイ
商品訴求にひと工夫 利用シーンを想起させる陳列

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する