販売促進の専門メディア

           

SP分野のリーダーが切り取る最旬トピックス

ニーズ高まる リサーチとPRの連動、そしてその先

小林康裕(ネオマーケティング 代表取締役ファウンダー)

10数年にわたるマーケティングリサーチ事業で培った「情報」を基軸に、独自のノウハウから生まれた複数のマーケティング事業を相乗的に展開するネオマーケティング。顧客の声を販促やマーケティングに生かすうえでの課題や可能性について、代表取締役の小林康裕氏に話を聞いた。

調査を起点に領域を拡大 
ネオマーケティングは、調査で得た情報をもとに発信や運用、CRMに至るまで領域を広げていくことで、顧客のマーケティング課題の解決をサポートしている。

顧客や生活者の声を拾い、それらを企業の戦略に生かそうとする傾向が強まっています。ただ単にモノをつくるだけでは売れない時代になり、リサーチで集めた顧客の声を商品開発や販促・マーケティングに生かしたいと考える企業が増えています。特に最近は、企業がプレスリリースを配信する際に、情報の裏付けとなる調査データを添付することで信頼性や納得性を高め、世の中に広めていこうとするニーズも見受けられます。

そのようなニーズの高まりと技術の進化が重なり、最近はセルフ型をはじめとする様々なリサーチサービスが登場し、企業にとっての選択肢も増えています。ただ、実態としては、そうしたサービスを使いこなせている企業と、そうでない企業の二極化が生じている印象です。リサーチ専門の部署を持つ大手企業などは、明確な目的のもとデータ収集から分析、運用までを行っています。一方で、顧客の声を調査する必要性を感じながらも、何から手をつけていいのか分からない、調査データをどう活用していいのか分からない、という企業からの相談も多く寄せられています。

後者に対して ...

あと50%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SP分野のリーダーが切り取る最旬トピックス の記事一覧

ニーズ高まる リサーチとPRの連動、そしてその先 (この記事です)
スマホシフトで販促施策が多様化
販促・営業の最前線で進むデジタル化
イベントの鍵は「体験」「驚き」と「拡散」
印刷通販に価格以外の競争軸を
デジタル時代だからこそ必要な“人間力”

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する