販売促進の専門メディア

SP分野のリーダーが切り取る最旬トピックス

販促・営業の最前線で進むデジタル化

ibma

グラフィックデザインを軸に、カタログ・パンフレット、ウェブサイト、映像コンテンツ、販促グッズなど、目的に応じた柔軟なプロモーション展開支援を得意とするibma。近年はデジタル領域でのビジネスも拡大しているという。販促ツールのデジタル化の現状と課題について、代表取締役の武田幸範氏に聞いた。

img01

タブレット端末で使うデジタルコンテンツの制作や動画制作を手がけることが増えている。

以前に比べ、販促ツールの「デジタル化」に対するニーズは著しく高まっています。カタログやパンフレットのコンテンツをウェブサイトで展開したり、商品特徴を表現した映像コンテンツを掲載したりすることはもはや当たり前。当社のクライアントの場合、カタログ制作の仕事の約2割は印刷せずデジタルデータのまま活用されていますが、将来的にはこの割合さらに増え、デジタル化が進んでいくと考えられます。

映像も、以前のように大掛かりな撮影設備や高額な機器を使用することなく制作できるようになりました。パンフレットや広告を制作する機会に …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SP分野のリーダーが切り取る最旬トピックス の記事一覧

販促・営業の最前線で進むデジタル化(この記事です)
イベントの鍵は「体験」「驚き」と「拡散」
印刷通販に価格以外の競争軸を
デジタル時代だからこそ必要な“人間力”
高反応ユーザーの目のつけどころ――アイトラッキングの向かう先

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する