販売促進の専門メディア

           

SP分野のリーダーが切り取る最旬トピックス

スマホシフトで販促施策が多様化

ピーシーフェーズ

O2O、ビッグデータをキーワードに、デジタルマーケティング分野で豊富な実績を持つピーシーフェーズ。「目指すのは、オンラインでユーザーを可視化すること」と語る吉田和弘社長に、デジタルマーケティングの現状と課題について聞いた。

img01

ピーシーフェーズのほかメーカー・流通など9社が参加する「O2Oマーケティング研究会」で、iBeaconを活用したO2Oソリューションの実証実験を行った(写真は西友江戸川中央店)。

モバイル販促といえば、以前はメルマガでのクーポン配信が一般的でしたが、スマートフォンが登場してからは、アプリケーション、O2O、ビッグデータ分析など多様なデジタルマーケティング施策が盛んに行われるようになりました。その背景には、スマートフォンにメディアとしての価値を見出した広告会社や印刷会社などが、デジタルマーケティングに参入したことでサービス事業者が増え、アイデアが活発に提案されるようになったことが挙げられます。その結果、企業にとっての選択肢が増え、デジタルマーケティングへの投資を前向きに検討する企業が増えているようです。

当社のクライアント企業で言えば、顧客との接点創出を狙ったアプリ開発のニーズが著しく増えています。ユーザーインターフェイスに関しては、表現力が豊かなスマートフォンだからこそ …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SP分野のリーダーが切り取る最旬トピックス の記事一覧

スマホシフトで販促施策が多様化(この記事です)
販促・営業の最前線で進むデジタル化
イベントの鍵は「体験」「驚き」と「拡散」
印刷通販に価格以外の競争軸を
デジタル時代だからこそ必要な“人間力”
高反応ユーザーの目のつけどころ――アイトラッキングの向かう先

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する