販売促進の専門メディア

アメリカ現地レポート 顧客・市場へのアプローチ戦略

スタバと婚活サービス 世界最大の「スタバデート」

藤原栄子

常に最先端のプロモーションが行われ、世界から注目されているアメリカ。そこでいまヒットしている・話題になっている商品や店舗は、どんなプロモーション戦略の基で行われ、どんな工夫がなされているのか。消費者に受け入れられている理由を、現地から毎月レポートする。

img01

「初デート」をスターバックス店舗でしてもらう 
スターバックスは婚活サイト「マッチ・ドットコム」と共同で、初デート場所にスタバ店舗を選んでもらうためのプロモーションを展開。「マッチ・ドットコム」上で、簡単にスタバに誘える機能を設けたり、“なれそめストーリー”を募集、優勝者にコーヒー1年分をプレゼントした。

スターバックスとマッチ・ドットコム
世界で最大の「スタバデート」

世界中で利用されている婚活サービス「マッチ・ドットコム」会員の3人に1人は「最初のデートは、コーヒーを飲みながらおしゃべりするのがいい」と考えていることが同社の調べで分かった。そこで「マッチ・ドットコム」とのタッグに名乗りを上げたのがスターバックスだ。

「マッチ・ドットコム」は「Meet at Starbucks」と銘打った機能を提供し、最初のデートに使えそうなスターバックス店舗を探せるほか、その店舗情報をメールで相手に送れるようにした。

そして、このサービスの立ち上げにあたり、2月13日に実施されたのが、「World's Largest #StarbucksDate」(世界最大規模のスターバックスデート)である。

開催日時は13日、午後の2時から閉店までの間。米国とカナダのみの開催で、デート企画参加店舗では、その時間内に限り特別なペアリングメニュー(コーヒー2杯とブラウニー、フラットホワイトとチョコクロワッサンのセット、そして、ハートクッキーとホワイトチョコレート・モカまたはラズベリー・モカのセット)を5ドルで楽しめるという超お得な企画になっていた。

スターバックスで出逢い …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アメリカ現地レポート 顧客・市場へのアプローチ戦略 の記事一覧

スタバと婚活サービス 世界最大の「スタバデート」(この記事です)
ニューヨークで話題のショップから見る リテール未来予測キーワード
レシート活用販促、デジタル化で一工夫 米国メーカー事例
「もう一品」の購入を促す ハイパーウェブルーミング時代へ
ショッパーマーケティングのパイオニア ターゲット社のオムニチャネル戦略
ティーンズ~ミレニアム世代を狙う――進化続くソーシャルショッピング

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する