販売促進の専門メディア

アメリカ現地レポート 顧客・市場へのアプローチ戦略

「もう一品」の購入を促す ハイパーウェブルーミング時代へ

藤原栄子

常に最先端のプロモーションが行われ、世界から注目されているアメリカ。そこでいまヒットしている・話題になっている商品や店舗は、どんなプロモーション戦略の基で行われ、どんな工夫がなされているのか。消費者に受け入れられている理由を、現地から毎月レポートする。

オムニチャネル戦略 米国小売企業の取り組み実態
は先行している企業、は先行企業に追いつこうと取り組みを強化しはじめている企業、はスローではあるけれど取り組みを始めた企業、はこれから取り組みを始める、という企業。(資料提供:カタパルト社)

今月も「ショッパーマーケティング EXPO」を前月に引き続いてレポートしたい。カンファレンス初日に行われたシンポジウムの中で、ひと際注目を集めたのは、2013年、14年と2年連続してマーケティング専門誌『The Hub Magazine』から最も優れたブランド&ショッパーマーケティング企業として表彰された実績をもつカタパルト社(米ヴァージニア州)によるワークショップであった。

「オムニチャネルショッパー戦略:ウォールマート、ターゲット、アマゾン、そして小売業の将来とは」をテーマに …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アメリカ現地レポート 顧客・市場へのアプローチ戦略 の記事一覧

「もう一品」の購入を促す ハイパーウェブルーミング時代へ(この記事です)
ショッパーマーケティングのパイオニア ターゲット社のオムニチャネル戦略
ティーンズ~ミレニアム世代を狙う――進化続くソーシャルショッピング
「パーソナライズ化」が握る未来の小売体験
コマースに挑む小売の戦略 「実店舗ならでは」に勝因あり!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する