販売促進の専門メディア

2015年販促・集客策

「妖怪ウォッチ」「アナ雪」、ビッグコンテンツ化の要因は!?

陸川和男(キャラクター・データバンク 代表取締役社長)

キャラクターのビッグコンテンツが席巻した2014年。「妖怪ウォッチ」「アナ雪」の人気の要因、支持層、コンテンツの広がり方を振り返りつつ、2015年の動向と、企業がキャラクター起用する際の活用法のポイントなどをキャラクター・データバンクの陸川氏に聞いた。

2大コンテンツが誕生した2014年

『妖怪ウォッチ』とマクドナルドがコラボジバニャン登場に子どもたちは大興奮
14年10月、マクドナルドとのコラボで、お台場に「妖怪ウォッチ」一色の期間限定店舗が登場。その発表イベントに登場した人気キャラクターらに子ども達は大興奮だった。

2014年は、「妖怪ウォッチ」、「アナと雪の女王(通称・アナ雪)」というコンテンツが登場し、ものすごい勢いで普及した。ビッグヒットが二つも出てくる年は珍しく、2000年に調査を始めて以来のことだ。

「妖怪ウォッチ」については、当社で14年6月と11月に調査を実施した。そこで、「とても好き」から5段階に分け、キャラクターの好感度を尋ねたところ、6月には未就学児・小学生の4割程度だった「とても好き」が、11月の調査では8割にまで上った。通常、5割いけば人気作品なので、この数値は異例だ。大きな特長は親層を巻き込んでいること。“友達家族”と言われているように、子と一緒になって親も楽しむ家族のあり方に作品の世界観がフィットしたのだと思う。未就学、小学生の子どもを持つ家族は、ここ数カ月、「妖怪ウォッチ」を中心にした生活が続いている状態ではないだろうか。

一方で、興業収入250億円を超える「アナ雪」は ...

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2015年販促・集客策 の記事一覧

小売・プロモーション関連5協会、2015年の注力テーマ
アパレル革新のヒントは「交流、体験、体感」
10年後の明暗 30~40代顧客の固定がカギ
薬局からの脱却 米国に見る勝ち残るための新戦略とは
進むセブン“一強” ローソン、ファミマは新業態に活路
都市型消費への対応 コンビニとの差別化を急げ
「妖怪ウォッチ」「アナ雪」、ビッグコンテンツ化の要因は!?(この記事です)
2015年求められるのは利便性の高いポイント
消費者視点の新チャネル設計で企業満足から一歩先へ
14年のヒット商品から読む シニアのニーズの根源的背景
2015年カレンダー、販促のチャンスとなる出来事は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する