販売促進の専門メディア

2015年販促・集客策

10年後の明暗 30~40代顧客の固定がカギ

羽根浩之氏(ストアーズ社)

博多大丸の「キッズとファミリーカジュアルフロア」の様子。

的確な情報発信で30〜40代の次世代顧客を攻略

10年後の「2025年問題」が取り沙汰されている。起点となる今年2015年は、団塊世代(1947~49年生まれ)の約700万人が全て65歳以上の前期高齢者に仲間入りする。次の塊であるジュニア世代(1971~74年生まれ)は全て40代に突入する。10年後は団塊世代が75歳以上の後期高齢者となり、団塊ジュニア世代は全て50代のライフステージに達する。

将来の人口動態を見据え、昨今、多くの百貨店が、30~40代の次世代顧客の新規獲得と固定化に注力している。今年もこの層の攻略が集客策の焦点に違いなく、ここにどう的確に訴求して、来店を促し、購買につなげていくか、伝達力が問われる。

ただ、30代 …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2015年販促・集客策 の記事一覧

小売・プロモーション関連5協会、2015年の注力テーマ
アパレル革新のヒントは「交流、体験、体感」
10年後の明暗 30~40代顧客の固定がカギ(この記事です)
薬局からの脱却 米国に見る勝ち残るための新戦略とは
進むセブン“一強” ローソン、ファミマは新業態に活路
都市型消費への対応 コンビニとの差別化を急げ
「妖怪ウォッチ」「アナ雪」、ビッグコンテンツ化の要因は!?
2015年求められるのは利便性の高いポイント
消費者視点の新チャネル設計で企業満足から一歩先へ
14年のヒット商品から読む シニアのニーズの根源的背景
2015年カレンダー、販促のチャンスとなる出来事は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する