販売促進の専門メディア

2015年販促・集客策

進むセブン“一強” ローソン、ファミマは新業態に活路

加藤直美氏(消費生活コンサルタント)

“一強”が進むなか新業態づくりが活性化オムニチャネル化に対応する店舗づくりを

消費税8%への増税は、コンビニ業界各社にも大きな爪跡を残した。ところが、セブン‐イレブンだけは、増税後の4月も既存店売上高を前年同月比でプラスをキープ。その後も前年比を下回ることなく、2014年を駆け抜けた。すでに、店舗数では、二番手のローソンに5000店以上もの差をつけて独走状況にある。寡占化の進むコンビニ業界だが、このまま一強時代に突入してしまうのか…。二番手以降のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスなどの動向にかかっている。

14年の大手コンビニチェーンの主な動向を表にまとめてみた。セブン‐イレブンは愛媛県への進出を果たし、空白県を残り4県とした。JR西日本やJR四国の各グループと提携して駅ナカへの進出も決め、着々と店舗数増を図っている。一方、ローソンは、前年から実験していた、「ヘルスケア強化型店舗」の業績が好調なため、ドラッグストアとの提携を含めて、同型コンビニの展開を本格化した。

一足早く各地のドラッグストアとの取り組みを始めてきたファミリーマートは、ドラッグに限らず、SM、書店、カラオケなどとも「一体型」店舗づくりを積極的に仕掛ける。もっとも、14年秋までにオープンしたドラッグストアとファミリーマートの一体型店舗は30数店に留まる。このうち、約半数が ...

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2015年販促・集客策 の記事一覧

小売・プロモーション関連5協会、2015年の注力テーマ
アパレル革新のヒントは「交流、体験、体感」
10年後の明暗 30~40代顧客の固定がカギ
薬局からの脱却 米国に見る勝ち残るための新戦略とは
進むセブン“一強” ローソン、ファミマは新業態に活路(この記事です)
都市型消費への対応 コンビニとの差別化を急げ
「妖怪ウォッチ」「アナ雪」、ビッグコンテンツ化の要因は!?
2015年求められるのは利便性の高いポイント
消費者視点の新チャネル設計で企業満足から一歩先へ
14年のヒット商品から読む シニアのニーズの根源的背景
2015年カレンダー、販促のチャンスとなる出来事は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する