販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

訪日外国人旅行者アンケート 言語圏で異なる買い物意識

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

訪日外国人旅行者数は1000万人を突破し、今年10月1日には消費税免税制度が改正され、訪日観光客らが日本でショッピングを楽しむ機運が高まっている。外国語ウェブサイト制作や海外でのリスティング広告を手がけるあとらす二十一は7月15日〜31日にかけ、都内主要観光地を訪れた観光客らにアンケート調査を実施。言語圏別に買い物意欲の違いを調べた。

  • 調査方法:英語および中国語による街頭での聞き込み調査
  • 調査対象:日本に旅行に来た外国人の男女(10代〜60代)
  • 調査時期:2014年7月15日〜31日
  • 調査場所:新宿、秋葉原、銀座、浅草、原宿、丸の内、お台場、上野
  • 回答者数:英語201人、中国語203人
  • 回答者の国籍・地域:米、豪、英、加、中国、台湾、香港、仏、スペイン、独、スイス、伊、スウェーデン

DATA1
日本で買いたいものはファッション?

英語圏と中国語繁体字圏からの観光客が購入したもののトップは …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

訪日外国人旅行者アンケート 言語圏で異なる買い物意識(この記事です)
ショールーミング経験者は全体の16% 行動拡大の鍵は「楽しさ・喜び」
お得なら、ウェブクーポン入手にも積極的なシニアたち
ビッグデータの取り扱いに不安の声 適切な情報公開・発信が利活用の鍵に
応募意欲をかきたてる魅力的なキャンペーンとは
飲みニケーションよりも節約志向 仕事終わりは家でのんびりが常識!?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する