販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

ショールーミング経験者は全体の16% 行動拡大の鍵は「楽しさ・喜び」

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

実店舗で商品を選んでから、インターネットでその商品を購入する購買行動「ショールーミング」。クロス・マーケティングの調査によると、ショールーミングに感じている価値について、「節約」や「合理性」といった打算的価値に加え、高頻度でショールーミングを行う人は、「楽しい」「面白い」といった感情に基づく価値を認識していることが明らかとなった。

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:全国20〜69歳の男女6万5000人※化粧品/ファッション/家電/AV機器/情報・通信/流通・小売業/マスコミ/市場調査関連の従事者は除外
  • 調査実施期間:2014年9月18日〜9月23日

DATA1
8割以上の人はまだ経験なし

ショールーミング経験の有無を聞いたところ、16%の人が…

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

ショールーミング経験者は全体の16% 行動拡大の鍵は「楽しさ・喜び」(この記事です)
お得なら、ウェブクーポン入手にも積極的なシニアたち
ビッグデータの取り扱いに不安の声 適切な情報公開・発信が利活用の鍵に
応募意欲をかきたてる魅力的なキャンペーンとは
飲みニケーションよりも節約志向 仕事終わりは家でのんびりが常識!?
通勤やアポの間にできるスキマ時間、使い方で年収に差が生じる!?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する