販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

応募意欲をかきたてる魅力的なキャンペーンとは

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

ジャストシステム「プレゼントキャンペーンに関する調査」

ジャストシステムは、「過去にプレゼントキャンペーンへの応募経験がある」と回答した10代〜60代の男女1229人を対象に「プレゼントキャンペーンに関する調査」を実施した。それによると、約半数が、「いいね!」「リツイート」を応募条件とするSNSキャンペーンには「応募しない」と回答。気軽に応募できそうなイメージがあるが、面倒感や抵抗感をもつ人も多いようだ。

  • 調査方法:セルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファストアスク)」でのアンケート調査
  • 調査対象:全国の10〜60代の男女1229人
  • 調査実施期間:2014年5月19〜5月20日

DATA1
SNSからのキャンペーン応募促進に課題

応募したことのあるプレゼントキャンペーンに関する情報の入手源を問う質問では、6割を超える人がウェブからと回答。商品パッケージや店頭から応募につながっている割合も高かった。反対に、フェイスブックやツイッターといったSNSから情報を得ている人はごく少数であることが分かった。



DATA2
金額よりも当選確率の高いキャンペーンが魅力的

賞金総額が1000万円で…

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

応募意欲をかきたてる魅力的なキャンペーンとは(この記事です)
飲みニケーションよりも節約志向 仕事終わりは家でのんびりが常識!?
通勤やアポの間にできるスキマ時間、使い方で年収に差が生じる!?
新米主婦の約9割が「消費増税で家計のやりくり不安」
「増税後もできるだけ生活水準は下げたくない」消費税増税後の意識調査
月1万円節約したい!今年こそ見直したいものに関する調査データ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する