販売促進の専門メディア

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP!

リーボック、コンセプトショップ1号店で「六本木フィットネス化計画」

リーボック フィットハブ 六本木ヒルズ

リーボックは2013年10月、東京・六本木ヒルズ内に、世界で100店舗以上を展開する同ブランドのコンセプトショップ「フィットハブ」をオープンした。六本木ヒルズ店は世界で102店目、日本では1号店となる。感度の高いオフィスワーカーの集まる立地で、接客やレンタルサービスを通じ、「フィットネスのあるライフスタイル」を提案していく。

ハンガーラックや陳列棚、照明などの内装は、フィットネスジムをイメージしてデザインされている。マネキンのポーズもフィットネス中の動きをイメージしている。

グローバルフィットネス ライフスタイルブランド「リーボック」の特徴は、フィットネスやランニング、ヨガといった日常的な運動に特化して商品を展開していることだ。「生活に取り入れやすい運動に特化しているため、商品提案がライフスタイルの提案につながる。特に最近はオフィスワーカーに向け、フィットネスを通じた健康的な生活の提案を強化しています」と、アディダス ジャパングループリテール本部 ヘッドオブマーケティングの鈴木博文氏は話す。

その取り組みを実現する場が、「リーボック フィットハブ 六本木ヒルズ」だ。コアターゲットは30代女性で、主に六本木のオフィスワーカーを想定している。

同店で重視しているのが"体験"の提供だ。例えば、店内には装飾と実用を兼ねたトレーニング用具を多数設置。5人の店舗スタッフは、オープンの約1カ月前から毎月2回、リーボックが提携するトレーニングクラスに参加しており、来店客に簡単な指導を行うこともできる。

また、不定期でシューズの無料レンタルキャンペーンも実施。オープン直後には人気商品「イージートーン」を1泊2日(平日限定)で貸し出し、利用者の大部分がレンタル後に購入したという。2月13日からはランニングシューズのレンタルを開始するなど、忙しいオフィスワーカーが平日でも利用しやすいキャンペーンを企画し、販売につなげている。

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP! の記事一覧

リーボック、コンセプトショップ1号店で「六本木フィットネス化計画」(この記事です)
魚の誕生日がわかる?近畿大学の「養殖魚専門料理店」
ナムコの新事業「カフェ&バー CHARACRO」-人気アニメの世界を完全再現
秋葉原に職人グルメのセレクトショップ登場、目指すは「食のテーマパーク」
店内に雨が降る!? ビックロ8階に出店した石井山専、目指すは「フィールド体感型店舗」
不動産店で料理教室?“女性専用”の新業態店に見るエイブルの戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する