販売促進の専門メディア

実例!シニアを捉えるプロモーション

「シニア向け」ではシニアに売れない? 買いたくなる3つのアプローチ

村田裕之(村田アソシエイツ代表/東北大学特任教授)

前回取り上げた家電メーカー同様、シニアシフトへの対応が遅いのが食品メーカーだ。特に菓子や乳製品は長い間子どもや若者など若年層がターゲットだったため、メーカーの中に「菓子は若者向け」という固定観念ができ上がっている例も多い。しかし市場がどんどん高齢者層にシフトしているのだから、市場の変化に合わせて供給サイドも発想転換の必要がある。

1

「子ども向け」に売っていたものを「シニア向け」に売ってみる

食品メーカーの新製品プレスリリースを見ると、ターゲット顧客が「20~30代」と記載されている例が多い。しかし、製品をよく眺めると、ちょっと工夫すればもっと上の年齢層にも売れそうなものも多く見られる。

あと90%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

実例!シニアを捉えるプロモーション の記事一覧

「シニア向け」ではシニアに売れない? 買いたくなる3つのアプローチ(この記事です)
シニアシフトと業界の取るべき方向性(3)~家電メーカー~
百貨店業界に必要なのは「知的新陳代謝型モデル」?
ファミレスもシニアシフト、退職者のための「第三の場所」になりうるか
「半働半遊派」増加、シニアもネットショッパーに...時代性の変化は消費行動に影響するか?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する