販売促進の専門メディア

TOP PROMOTIONS

「さよなら、インスタント。」 刷新したネスカフェ商品が1カ月で7億杯超の販売

ネスレ日本

「インスタントコーヒー」を日本に浸透させてきたブランド「ネスカフェ」が9月に一新し、「レギュラーソリュブルコーヒー」という新カテゴリーの商品を発売した。認知拡大とトライアル飲用機会を促進するため、登場感を高め、さらに商品特徴を印象づけるコミュニケーションを展開している。

ネスカフェ

いまや淹れたてのコーヒーは家庭外のどこででも楽しめるようになってきた。そうした中、ネスレ日本は消費者の需要の変化を見据えて、1960年から販売してきた「ネスカフェ」を刷新。従来のインスタントコーヒーから「挽き豆包み製法」を採用した「レギュラーソリュブルコーヒー」へと全面移行し、9月1日から、淹れたての香りと味わいを楽しめるレギュラーソリュブルコーヒーシリーズの発売を開始した。

発売直前まで情報開示をおさえる
新カテゴリー「レギュラーソリュブルコーヒー」のメディア露出を獲得するため、発売直前まで情報開示をおさえ、「さよなら、インスタント。」というキャッチフレーズの新聞広告でバズを醸成。記者発表会で初めて商品の概要を明かした。テレビ12媒体、ウェブ302媒体、新聞35媒体が新発売について取り上げた。

新カテゴリーの認知を一気に高め、同時にトライアル飲用を促す狙いで「日本にコーヒー文化を根付かせ、国内トップシェアを維持し続けてきたネスカフェが、インスタントコーヒーの歴史に終止符を打ち、生まれ変わる」と打ち出した。さらに、「さよなら、インスタント。」というキャッチフレーズで新聞広告を掲出して話題づくりを行い、その2日後の記者発表会で、新商品の概要を初めて明かした。こうして、多くのメディア露出を獲得。瞬間風速的な広告・PRの展開で、新カテゴリーの登場感をアピールした。

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOP PROMOTIONS の記事一覧

「さよなら、インスタント。」 刷新したネスカフェ商品が1カ月で7億杯超の販売(この記事です)
オープンキャンパスで双方向型イベント、女子限定「フェス」開催
武田鉄矢がアイドルをプロデュース?「マルちゃん」ブランド活性化策
萌えキャラ「ゆきこたん」で、雪印コーヒーの若者購入率2ケタ伸長
AKB48メンバーが「夏の元気!本気カレー!」をプロデュース
森永ミルクキャラメル「発売100周年」話題化、スーパーでの売り上げは2倍に
渋谷の先行販売で1000人の行列、クォーターパウンダー売上は2桁の伸び
シリコンバレーでヒットの「お~いお茶」。「けいおん!」タイアップで若年層にも価値訴求
「SOYJOYピーナッツ」で新機軸、男性取り込み成功

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する