IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

BRAIN'S BRAIN

Max Amatoによる今月のカバー

Max Amato

ブレーンのカバーを飾るのは、世界の先端を行くクリエイターたちの作品。「BRAIN’S BRAIN」では「Creative Addiction(クリエイティブに夢中)」をテーマに彼・彼女らが制作したビジュアルと、オフィスや仕事を紹介していきます。今回はニューヨークに拠点を置くMax Amatoさんです。

Max Amato

Q1.表紙のアイデアについて教えてください。

「Creative Addiction」とは、完全に制御することも満足させることもできない、無限に成長していくものだと私は捉えています。そこから、生物学、胞子、突然変異、そして最終的にはキノコのアイデアに繋がりました。一部のキノコには非常に創造的な幻覚作用があり、また時に命に危険を及ぼすこともあるので、興味深いテーマです。クリエイターであることはとても楽しいですが、気を付けないと完全に蝕まれてしまうこともあります。

Q2.それをどのように形にしましたか。

まずサイケデリックなキノコ、普通のキノコ、毒キノコなど、さまざまな種類のキノコについて調べました。最も興味深い形や模様をしている種類の画像を集め、手書きで抽象的なスケッチをします。目指していたのは、本物のキノコのエッセンスを捉えつつ、特徴を歪めたり変えたり、誇張したりして、奇妙で別世界のもののように感じさせることでした。それぞれのキノコをスケッチした後は、作品のバランスが取れるまで、さまざまな配置や構図を重ね合わせて考えてみました。そこからスケッチをAdobe Illustratorに取り込んでデータ化し、表面のテクスチャーを加え、最終的な作品が完成するまでさまざまな色の組み合わせを試しました。

ニューヨークにあるMaxさんのオフィス。

Maxさんがデザインしたボトルオープナー「BO」。

自身の水彩画のスケッチを3Dモデルに起こした作品。

合板をペイントして切り、重ねて制作したMaxさんによるアート作品。

Q1. Wha t is the idea for this cover?

I think of creative addiction as a desire to...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

BRAIN'S BRAIN の記事一覧

Max Amatoによる今月のカバー(この記事です)
Daniel Peterによる今月のカバー
Driv Looによる今月のカバー
Lam Ieong KunとDan Ferreiraによる今月のカバー
Noemie Le Cozさんが制作今月のカバーストーリー
Martina Paukovaさん(ドイツ)が制作、今月のカバーストーリー

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る