IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

出したくて、ウズウズするコピー。

中村 圭

    旅に出る服は、写真に残る服だ。

    西武百貨店/2002年
    〇C/岩崎俊一、岡本欣也

    一度でいいから、飲んでくれ。

    三楽/1989年
    〇C/谷山雅計

    タイガー、ウズウズ。

    全国朝日放送/2002年
    〇C/菱谷信浩

出したくて、ウズウズするコピー。

「圭ちゃん分かる?コピーは時代と紐づいてる。だから時代背景も含めて見ないとダメなのよ」新人コピーライターたちの教育係だった黒澤晃さんはほぼ毎晩飲んでいて、僕はほぼ毎晩呼び出されていた。大抵は昔どれだけ黒澤さんがモテてたかという、どうでもいい話だったけど、たまにポロッといいことを言う。ちょうどその頃は、コピーの書き方が全然分からなくて、コピー年鑑とニラめっこしてた時期。特に過去のコピーの良さが分からなくて、黒澤さんに質問して返ってきたのが、この時代背景についての答えだった。次の日に年鑑を見ていると、パッとこのコピーが目に入ってきた。

「旅に出る服は、写真に残る服だ。」確かに昔、旅行は汚れてもいい服で行くのが常識だった。スマホで映えるかが重要視される今の若者には信じられないだろうけど。こんな風に...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間の記事一覧

名作コピーの時間の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る