IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

REPORT

ブランド価値を最大化する 社内のクリエイティブ組織

LIFULL

不動産・住宅情報サービス「LIFULL HOME’S」を中心にさまざまな事業を展開するLIFULLのクリエイティブ組織を率いるチーフクリエイティブオフィサーの川嵜鋼平さん。社内組織という特性を強みに、社会を巻き込みながら手つかずの問題の解決を目指す。

(左から)シニアアートディレクターの三宅太門さん、執行役員/チーフクリエイティブオフィサーの川嵜鋼平さん、シニアアートディレクターの増田貴哉さん。

ブランディングからイノベーションの研究開発までを担う

LIFULLは9月26日、自社の1階にある飲食店「LIFULL Table」でイベント『視点のセッション』を開催し、2つのセッションを実施した。そこで語られたのは、これまでの当たり前や常識を疑う視点。従来の職種の枠組みや領域にとらわれないデザインの在り方や働き方、従来の常識から解放されてクリエイティブをどう飛躍させていくかなど、活発に議論が交わされた。

なぜ、不動産住宅情報サイトを軸に暮らしや人生にまつわる事業を展開してきたLIFULLはいま、このイベントを開催したのだろうか。

「あらゆるLIFEを、FULLに。」。それがLIFULLのコーポレートメッセージだ。年齢や性別、言語、国も超えて、世界中のすべての人に安心と喜びで満たすソリューションを提供し続けることを事業の根幹にしている。

LIFULLは2018年、「既成概念、社会課題や手つかずの問題を、視点を変える発想で豊かさに変える。そして、あらゆる人が当たり前に無限の可能性の中から自分の生きたいLIFEを実現できる社会へ。」をブランドパーパスに掲げ、社内にクリエイティブ組織を作った。内容は、ブランド戦略立案からマーケティング、ブランドデザイン、プロダクトデザイン、コミュニケーション、そして研究開発と多岐に渡る。

LIFULLは今年9月、LIFULLのブランド価値を最大化するために、「しなきゃ、なんてない。」プロジェクトとして、LIFULLの企業CMの放映やアンバサダーによるTwitterキャンペーンを開始した …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

ARS ELECTRONICA FESTIVAL2019 から何を学ぶことができるか
ジョン・マエダが語るコンピュテーショナルデザインの可能性
ブランド価値を最大化する 社内のクリエイティブ組織(この記事です)
よなよなエールのキャッチフレーズを書こう!
大学という空間で行われた クリエイティブの実験
ものが溢れる時代の「価値」を問う 価格1円の雑誌

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る