IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

暮らしに寄り添う中で生まれてきたデザイン

山田和寛

山田さんが古書店で見つけた『暮しの手帖』。


僕は装丁家、グラフィックデザイナー、書体デザイナーと3つの肩書きを掲げています。似て非なるこれらの肩書きを同時に掲げているデザイナーは、ほぼいないと思います。そんな僕が大学時代に目指したのは、ブックデザイナー。その基本知識として独学でタイポグラフィを勉強したことが、いまに繋がっています。

当時手に入れた本が、府川充男『組版原論』。活字を原理から説明している本で、プロのデザイナーがタイポグラフィの知識を持つのは当たり前である、という現実を突き付けられました。その本ですっかり活字に魅せられた僕は金属活字を調べ、古本屋で古い雑誌や書籍を探すようになったんです …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方 の記事一覧

暮らしに寄り添う中で生まれてきたデザイン(この記事です)
いいデザインは、心の奥にある感情を呼び起こす
『ちびまる子ちゃん』の扉絵が教えてくれたデザインの面白さ
バイアスを排除して視覚化。情報を明快に伝える潔い設計
世界観を表現し差別化 文字のみでデザインする強さ
自分の作りたいものを衝動のままに作る。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る