IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

手品みたいに出してくるやつが一番だめなんです。

田中泰延

    想像力と数百円

    新潮社「新潮文庫」/1985年
    〇 C/糸井重里

    店で調べて、家で買う。

    ニッセン/1994年
    〇 C/石井達矢

    恋人は、しょせん素人です。

    ヘルス東京/2000年
    〇 C/手島裕司

「糸井重里」を名乗る人物から、突然ツイッターのダイレクトメッセージが届いたのは、2016年の初め頃だった。

どこかいいときに
ぜひお会いしたいです。
どっちも空いていたら、
ふらっと会いましょう。
糸井重里

偽物だろう。そんなわけがない。子どもの頃からテレビや雑誌で見ていた、あの糸井重里。自分がコピーライターという仕事に就く原因になった、あの糸井重里。広告会社に入ってから毎晩腕組みして読んだコピー年鑑の歴史そのものみたいな、あの糸井重里を名乗る偽物。これはその名をかたる何者かだ …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間の記事一覧

名作コピーの時間の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る