IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

パルコ渋谷の最後を締めくくったカウントダウン暖簾

パルコ/渋谷パルコカウントダウン暖簾・渋谷公園通りメモリアルパレード

1973年の開店以来、渋谷の象徴となるような文化を作り続けてきた渋谷パルコ。ここを締めくくる最後の10日間は、商いの原点である「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」というシンプルな思いをより多くのお客さまに伝えられる空間が相応しい。その考えのもと、閉店までの10日間をカウントダウンする巨大な「日めくり暖簾」をファサードに設えました。昔から親しまれているベーシックな暖簾を、体感したことのない圧倒的なサイズで展開することで、若者の街と称される渋谷の街に、いい意味での違和感とインパクトを創出します。一枚めくることで過ぎゆく日々を感じ、新たな一日のスタートを実感できる日めくりカレンダーの要素を兼ねることで、最後の10日間、惜しまれながら閉店する様子に「さようなら、また会おう!」というメッセージを感じていただけたのではないかと思います。(サポーズ デザインオフィス 吉田愛)

  • 暖簾デザイン・谷尻誠、吉田愛(サポーズ デザインオフィス)
  • 渋谷公園通りメモリアルパレード(2016年8月7日に実施)

UP TO WORKS の記事一覧

チキンラーメンだからこそ生まれたバズムービー
日本のジェンダーイクオリティを見据えた人材募集CM
志村けんとバカ殿、その変化の過程を描いたポスター
デスモスチルスって、何なんだ?
さまざまな思いと物語を乗せたがんばれ!ニッポン!号
パルコ渋谷の最後を締めくくったカウントダウン暖簾(この記事です)
往年のCMキャラクターが復活!ヤキソバンの20年後の姿を描いたU.F.O.新CM
最も美しくスキャンダラスな似顔絵メーカー
映像は嘘をつく 虚実交じり合うビョークのライブパフォーマンス映像
2枚の紙が編み込まれた「技あり」ポスター
夏に向かう女性の気持ち描いた カロリーメイトゼリーのポスター
フィリップ・ワイズベッカーが描くローカル線車両
青い空と海、白いアスファルト、そして真っ赤な86の織りなすコントラスト
伊勢丹と鶴屋の社長が手をつないだ 「くまともバッグ」キャンペーン
若い世代と向き合う意志を言葉と写真に込めて ロフト初の企業広告
未来に向けたトヨタの決意

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る