IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

セレクト10

デザイン・アート・広告賞今月の10本

デザイン・アート・広告賞
今月の展覧会&コンペティション

シブカル祭。2013

今年で3回目を迎える、若手女子クリエイターのお祭り「シブカル祭」。渋谷PARCO館内を中心に、アートやファッション、音楽、映像、写真、ダンス、料理などで活躍する女性クリエイターの作品が集結。PARCOの館内外に参加アーティストたちの作品が展示されるほか、PARCO店頭と公園通り広場で開催される無料ライブや、映画と音楽の上映企画、トークイベントやワークショップなど多彩なプログラムが予 定されている。

パルコミュージアム、公園通り広場 他
10月18日~28日
会期中無休
お問い合わせ→ 03-3477-5781

紙とインフォグラフィックス「系統樹の森」展

多様なオブジェクトを理解しやすくするための図形言語「系統樹」。同展では50点を超える新旧の系統樹を紹介すると共に、それらをモチーフに竹尾のファインペーパーを用いてさまざまな印刷加工に挑戦。系統樹をめぐる歴史をふりかえりつつ、情報とデータの可視化を目指すインフォグラフィックスと、最新の印刷技術がもたらす紙の可能性をさぐる。

竹尾 見本帖本店2F
10月9日~11月22日
土日祝休館
お問い合わせ→ 03-3292-3669

生誕100年!植田正治のつくりかた

パパとママとコドモたち(1949)

「砂丘モード」より(1983)

写真家 植田正治さんは、故郷である山陰地方を拠点に活動し、砂丘に人物を配置した独特な演出写真で知られる。精妙につくられた世界観によって人々を魅了してきた彼の写真はどのようにつくり上げられたのか。新たに発見された作品を含む約150点の作品を通し、その秘密を解明する。

東京ステーションギャラリー
10月12日~2014年1月5日
月休館(祝日の場合は翌日)
お問い合わせ→ 03-3212-2485

中谷宇吉郎の森羅万象帖展

チンダル像のアルバムより。
中心にある丸い形は「真空の泡」。
所蔵:中谷芙二子(PROCESSART Inc.)

火花放電/白い軌跡は、火花が出る前段階に
放出されるイオンの放電路を撮影したもの。
所蔵:中谷芙二子(PROCESSART Inc.)

「雪は天から送られた手紙である」という有名な言葉で知られる、科学者の中谷宇吉郎さん。同展では、自然現象をとらえた写真やスケッチなど、彼の研究室が残した貴重な資料を中心に紹介。その科学に対する姿勢や自然に対する眼差しを浮き彫りにする。

LIXIL ギャラリー(東京会場)
開催中~11月23日
水休館
お問い合わせ→ 03-5250-6530

『2355/0655ソングBest!』発売

©NHK・ユーフラテス

朝6時台に高視聴率を記録している「Eテレ0655」と、おやすみ前の「Eテレ2355」。この2つの番組でこれまで放送されてきた「おはようソング」「おやすみソング」や「ねこのうた」「いぬのうた」、そしてそれぞれのオープニング曲をまとめたベストアルバムが発売。真心ブラザーズ、細野晴臣、小泉今日子、木村カエラなどが参加した、全27曲を収録。

CD
レーベル:日本コロムビア
2,310円(税込)
収録時間:50分

ホンマタカシ「Pinhole Revolution/Architecture」

Pinhole Revolution/Architectureシリーズより
©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU

国内外の雑誌や広告で活躍する写真家のホンマタカシさん。同展では建築を撮影した「Architectural Landscapes」シリーズと、新たなアプローチ方法として今年から取り組み始めた、ピンホール・カメラによる作品を展示。また会期中、TARO NASU 併設のプロジェクトスペースtaimatz(タイマツ)の空間を丸ごとピンホール・カメラとして使用した作品撮影を実施。撮影された作品はtaimatzにて展示される。

TARO NASU
開催中~10月26日
日月祝休館
お問い合わせ→ 03-5856-5713

スヌーピー展しあわせは、きみをもっと知ること。

スタジオにいるシュルツさん
Photograph by Tom Vano

「リル・フォークス」原画(1949)

「ピーナッツ」原画(1957)
©2013 Peanuts Worldwide LLC

アメリカのチャールズ・M・シュルツ美術館の所蔵する、新聞連載マンガ「ピーナッツ」から厳選された約100点の原画を日本で初公開。また、作者シュルツさんの幼少時代から「ピーナッツ」誕生までに描かれたスケッチや、初期作品「リル・フォークス」の原画など、豊富な資料を展示する。

森アーツセンターギャラリー
10月12日~2014年1月5日
会期中無休
お問い合わせ→ 03-5777-8600

笑う浮世絵―戯画と国芳一門

歌川貞秀「蛸踊り」(太田記念美術館所蔵)前期展示

歌川国芳「道外 とうもろこし 石橋の所作事」(個人蔵)後期展示

歌川国芳「荷宝蔵壁のむだ書(黄腰壁)」(個人蔵) 後期展示

擬人化された動物や植物が生き生きと振る舞い、大勢の人が集まって巨大な顔をかたちづくる...。浮世絵に描かれた戯画には、現代でも通じる斬新なユーモアやアイデアが溢れている。江戸末期に活躍した浮世絵師 歌川国芳とその一門の作品を中心に、抱腹絶倒の戯画の魅力を紹介する。

太田記念美術館
開催中~11月26日
月休館(祝日の場合は翌日)
お問い合わせ→ 03-5777-8600

ブルーノ・ムナーリのファンタジア 創造力ってなんだろう?

「羽ばたき活用扇風機」(『ムナーリの機械』より)
©Bruno Munari(1942-2004)Maurizio Corraini s.r.l. All rights reserved

《子ざるのジン》1053/1999所蔵:公益財団法人児童育成協会 こどもの城

ブルーノ・ムナーリは絵画や彫刻、絵本、グラフィックデザインなど、幅広い分野で活躍。同展では彼が“自由に発想する能力”を指して用いた「ファンタジア」という言葉をキーワードに、アートやデザインの枠に収まらない彼の作品と、直接触れて遊ぶことのできる遊具や絵本を展示する。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
10月20日~2014年3月25日
12月26日~2014年1月8日、
水休館(12月25日は開館)
お問い合わせ→ 055-989-8787

種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展

ステキな金縛り ©2011フジテレビ 東宝

THE有頂天ホテル ©2006フジテレビ 東宝

清須会議 ©2013フジテレビ 東宝

「THE 有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」「ステキな金縛り」といった三谷幸喜さん監督の映画セットを手がけている種田陽平さん。同展では11月9日から公開される三谷監督の新作映画「清須会議」の撮影で使用した2メートルの清須城の大型模型や、さらにこれまで手がけた日本未公開作品も含めた美術を紹介する。

上野の森美術館
10月12日~11月17日
不定休
お問い合わせ→ 03-3833-4191

セレクト10 の記事一覧

デザイン・アート・広告賞今月の10本(この記事です)
デザイン・アート・広告賞 今月の10本

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る