日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

プレゼン力診断

ゆるキャラ顔負けの愛嬌!鳥取県「ダジャレ知事」のプレゼンがすごい

永井千佳(エグゼクティブ・スピーチ・コンサルタント)

経営者の「プレゼン力」を診断。声・表情・身振り・ファッションといった視点から毎号、分析します。

鳥取県知事平井伸治

鳥取への移住活性化へアンテナショップで新制度アピール 
鳥取県は5月24日、「とっとり移住応援メンバーズカード」の発行記念セレモニーを東京都内のアンテナショップで開催した。県内でのサービス優待や情報配信など、鳥取への移住を検討する人を応援するという取り組みで初年度は1000枚を発行。セレモニーには平井伸治知事のほか、女優の遼河はるひさんも登壇した。


img02
img03

at.5月24日(火)「とっとり移住応援メンバーズカード」発行記念セレモニーin とっとり・おかやま新橋館

「鳥取にはスタバはないけど、日本一のスナバがある」という、平井伸治県知事の発言を知る人も多いだろう。この日も、「鳥取県はほっこり県」「鳥取の女性はおっとりジェンヌ」、ゲストの遼河はるひさんに移住を勧め「はるひさんが鳥取にはいる日」など連発。会場は笑いで包まれた。

メディアも注目する「ダジャレ知事」というブランドを確立し、今や鳥取県最強のトップセールスマンでもある平井知事。しかしその軽妙な姿だけを見ていると、本質を見誤る。素顔は、東大法学部卒で自治省(現・総務省)官僚、そして全国最年少副知事を経て、選挙を勝ち抜いて現職に就任した、まさに王道を進んできたエリートなのだ。加えて気骨あるしたたかな政治家でもある。2007年に知事に就任した際、「机上の理論では100年経っても駄目だ」と県庁職員を厳しく一喝し、変革に取り組んだ。その後も政治家としての高潔さや公正中立の姿勢を貫いている。

この日、会場を大いにわかせたのが …

あと48%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

プレゼン力診断の記事一覧

プレゼン力診断の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する