日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ウェブリスク24時

「明日、ママがいない」、CM中止に広報の説明は?

鶴野充茂(ビーンスター 代表取締役)

ブログや掲示版、ソーシャルメディアを起点とする炎上やトラブルへの対応について事例から学びます。

097_01.jpg

ドラマ「明日、ママがいない」をめぐって大きな議論が起きた。ドラマに反対する声は番組スポンサーにも及び、全8社がCMを中止した。

騒動の影響はスポンサーにも及ぶ

1月に始まった日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」。その過激なセリフや描写に対して全国児童養護施設協議会などが「養護施設の子どもや職員への誤解や偏見を与えかねない」として放送中止や内容改善を求める一方、日テレ側は「最後まで見れば理解してもらえるはず」と放送を続けてきた。

番組をめぐる騒動の影響は番組スポンサーにも及び、第3話の放送までにスポンサー全8社がCM放送を見合わせる異例の事態に発展した。

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ウェブリスク24時の記事一覧

ウェブリスク24時の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する