販売促進の専門メディア

販促テクノロジー

実店舗の買い物行動を追いかける「クッキー」

スポンダ

オンラインストアと実店舗とは対立関係にあるのだろうか。それに「NO」を突きつけようとしているのがフィンランドの不動産投資会社スポンダだ。同社は、オンラインショップの強みを実世界に持ち込み、独自の強みを持った会員プログラムやカスタマー・サービスを実現しようとしている。

img02

紫色の端末が「フィジカル・クッキー」(写真左)。1個20円ほどと安価なので顧客に渡したままにし、携帯し続けてもらう(写真右上)。その間、蓄積された来店頻度や購入金額などのデータからロイヤル顧客かを判断する。ロイヤル顧客が来た際には店員のタブレット端末に表示され、入店時から適切な接客ができる(写真右下)。

滞在時間が22%増

フィンランド・ヘルシンキの大型商業施設シティ・センターは2014年秋、インターネットではおなじみの「あるテクノロジー」を現実世界に応用し、顧客体験を改善する実証実験を行った。

その「あるテクノロジー」とは、「クッキー」だ。ネット上で用いられる「クッキー」は、ウェブサイト運営者が、サイトを訪問した人の端末に一時的にデータを書き込む技術。訪問者に関する情報や、サイトの来歴などを記録し、行動ターゲティング広告などに活用される …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促テクノロジー の記事一覧

データ活用で考えておきたい4つのポイント
実店舗の買い物行動を追いかける「クッキー」(この記事です)
テクノロジーは競争力 英国スーパーが専門組織を立ち上げ
本人より本人の好みがわかる? 人工知能で接客実験
スシロー、130万DLの混雑解消アプリ 利用度は30%
SHIPS、スマホへのビーコン通知来店で見えた課題
商圏ごとに独自の情報の発信、果ては一人ひとり異なるチラシへ
顧客それぞれのニーズ把握 電子カルテで接客レベル向上
IoT(インターネット・オブ・シングス)が販促のあり方を変える

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する