広告マーケティングの専門メディア

           

メディア企業に聞く広告営業戦略

推し活を広告戦略に取り入れたオーディオメディア戦略を展開

市村篤史氏(文化放送)

クライアントはリーチだけでなく届く、深さを求めている

文化放送メディアビジネス局では2023年に組織変更を行い、メディアビジネス局のもとに営業部、営業推進部、ネットワークソリューション部という3組織を編成した。

「営業推進部は社内調整を含めた企画構築のセクション。加えて、最近ではリード開発、いわゆるウェビナーなどのセミナーを通じて、インサイドセールスを行い、ホットリードになった企業を営業に渡し、担当するという形をとっている。

ネットワークソリューション部は、CMクリエイティブや東京のキー局として全国のラジオ局と情報交換を行っている」と営業部部長の市村篤史氏は語る。

同社では近年、従来のラジオ広告にとどまらず、広く「オーディオメディアソリューション」を...

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

メディア企業に聞く広告営業戦略 の記事一覧

推し活を広告戦略に取り入れたオーディオメディア戦略を展開(この記事です)
ブランド、クリエイティブを活かし、企業の期待を上回る効果を提供したい
垂直統合の機動的な組織を目指し、7月に大幅に組織を改編
位置情報も活用し、「radiko DMP」で精緻なターゲティングを可能に
コミュニティの熱量が強み ラジオだからこそのインフルエンサーマーケティングを提案
「ストーリー展開」のある企画を強みに 講談社の資源を活かしたソリューションを開発

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する