広告マーケティングの専門メディア

           

マーケティングにおける動画活用

ホットペッパービューティーが態度変容を促す動画広告を制作できた理由

会津祥平氏(リクルート)

認知拡大や新規顧客の獲得施策として活用されることの多い動画広告。コンバージョンや具体的な行動に結びつけるには難しいイメージがある。では、態度変容を動画広告で促すためには、広告主企業にどのような知見が求められるのか。リクルートの会津祥平氏に聞いた。

ユーザー理解の解像度を上げ、施策の目的を明確化する

外食や美容の情報を掲載するホットペッパーブランドをはじめ、ブライダル情報の『ゼクシィ』、就職支援サービスなど多岐にわたる事業を展開しているリクルート。同社の広告は、耳に残るコピーを使用していたり、ユニークな表現のものが多かったりするイメージがあるという人も多いのではないだろうか。

同社のホットペッパービューティーは今年6月、「YouTube Works Award」のPerformance for Action部門で部門賞を受賞した。同部門は、YouTube動画広告で視聴者の行動促進に成功し、ビジネス成果を得たキャンペーンを表彰するものだ。

今回、受賞した作品は『【ホットペッパービューティー】〜ナダルとオカンの押し問答〜』シリーズ。「ホットペッパービューティーは女性しか利用できない」、「予約できるのは美容室だけでリラクゼーションサロンはできない」という誤認を解消し、男性の利用を促進する目的で企画された。施策の結果、新規のサロン予約が増加したという。

動画広告で態度変容を促すためには、広告主企業にどのような知見が必要なのだろうか。ホットペッパービューティーのブランド戦略・施策を担い、リクルート横断のブランドマーケ機能進化リードも担っている会津祥平氏は、「ターゲットの心理・知覚・行動やそれらに影響を与える要因を深堀りできているか」と「『この広告は好き』と思わせる要素を企画・演出で設計できているか」の2つの指標が大切だと話す。

「ホットペッパービューティーのユーザーは女性に比べ男性が少ないのですが、要因を深掘ると、Web・アプリのUIや過去の広告コミュニケーションの印象から『女性が利用するもの』と誤認している男性が多いとわかりました。当社にとってこの事実は事業成長上の障壁になるため、中長期でプロダクト進化は図りつつも広告コミュニケーションで解決したい課題と考えました。このように、ターゲットの解像度を高めた上で目的を明確化し、クリエイティブの与件に落とし込むことが重要と考えています」(会津氏)。

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケティングにおける動画活用 の記事一覧

動画活用における企業の悩みは「わかりやすさ」と「シンプルさ」で解決
大事なのはクオリティだけじゃない!綿密な評価設計に基づく改善が成果を生む
動画広告市場の成長のためには施策全体での役割を規定する
バーチャル撮影技術の進化で、ロケが不要になる日はくるのか?
ホットペッパービューティーが態度変容を促す動画広告を制作できた理由(この記事です)
広告主なら知っておきたい、CTVにおけるアドベリフィケーション
今後の成長予測は?日本の動画広告市場の今、そして近未来

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する