広告マーケティングの専門メディア

           

ワールド・レポート

The One Show 2022 最高賞は「The Lost Class」

5月20日、米国ニューヨークでThe One Show 2022の授賞式が開催された。その場で、最高賞であるBEST OF SHOW、およびカテゴリー最高賞であるBEST OF DISCIPLINEなどが発表に。今年度は66の国と地域から合計1万9579作品がエントリー。ここでは最高賞をはじめ5作品を紹介する。

01 Creative Use of Data他:Leo Burnett 他
3044人の失われた生徒への卒業式

Change the Ref Inc.「The Lost Class」


銃規制団体Change the Refによるアクション「The Lost Class」が、最高賞であるBEST OF SHOWを受賞した。本年度、CLIO、NY ADCに続いての最高賞の受賞となる。

2018年にフロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で発生した銃の乱射事件。このとき銃撃の犠牲になったジョアキン・オリバーの両親によって設立されたのがChange the Refだ。

2021年6月4日。Change the Refは、この年、高校卒業を予定していたが銃による暴力で亡くなった3044人の生徒のために、「The Lost Class」と題した卒業式を開催した。

犠牲者を象徴した空席の椅子を前に演台にのぼったのは、年間2億5000万ドルを費やして銃社会推進法案を提唱している、全米ライフル協会の元会長。そして、銃保持の権利を支持する活動家だ。

彼らには、架空の学校であるジェームズ・マディソン・アカデミーの卒業生に対するスピーチの練習だと信じ込ませ、卒業のスピーチをさせた。

アメリカにおいて、10代の死因の第1位が銃暴力によるもの。パンデミック下にもかかわらず、2020年は過去数十年で最も銃暴力が多かった年だったという。

「The Lost Class」では2003年以降の銃器による死亡を年齢別に集計し、2021年卒の生徒が当時在籍していた学年と照らし合わせて、「失われたクラス」の規模を推定。3044の白い椅子を、青空の下に並べた。

この日の様子は録画して配信され、14億以上のインプレッションを獲得。そして何より、銃暴力に関する多くの議論を巻き起こした。

制作した...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ワールド・レポート の記事一覧

The One Show 2022 最高賞は「The Lost Class」(この記事です)
アドフェスト2022 オンラインで開催
アジア最大の広告賞 スパイクスアジア2022発表
欧州最大級の広告賞 Eurobest2021発表
業界紙ジャーナリストが選ぶ広告賞 Epica Awards 2021発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する