広告マーケティングの専門メディア

R30のホープたち

マーケターが意図していないことも「価値」になると学んだ

中垣 愛さん(ライオン)

次世代を担う若手マーケター・クリエイターを紹介する本連載。新たな時代を担うホープたちはどのようなポテンシャルを秘めているのだろうか。今回はライオン ヘルス&ホームケア事業本部 オーラルケア事業部で活躍する中垣 愛さんに話を聞いた。

ライオン
ヘルス&ホームケア事業本部
オーラルケア事業部
中垣 愛(なかがき・あい)さん 27歳

2017年ライオンに入社。営業・調査部門・コミュニケーション部門での研修を経て、2018年7月より現職。NONIO・システマブランドをはじめとするオーラルケア製品の、企画・開発からコミュニケーションなどを担当。

感慨深くなるのは担当した商品が生産される瞬間

2021年に創業130周年を迎えたライオン。「クリニカ」や「システマ」をはじめとしたオーラルケアブランドや、「バファリン」などのメディカルケアブランドにも多くのロングセラー商品をもつ日用消費財メーカーだ。コーポレートメッセージである「今日を愛する。」が印象に残っている生活者も多いのではないだろうか。

そんな同社でマーケティングを担当している中垣愛さんは現在入社6年目。先述の「システマ」や2017年にローンチした「NONIO」といったブランドを担当してきた。

「入社以来、ブランドの開発担当として5年間活動してきましたが、感慨深くなるのは、担当した商品が工場で初めて生産される瞬間です。マーケティング活動の醍醐味は調査からインサイトを見つけ出したり、戦略を立てたり、それらをコミュニケーションや商品そのものに落とし込むところだと思っています。そして、その諸々の過程を経て『形』になった商品を送り出すときは、いつも感慨深くなる瞬間です」(中垣さん)。

大学時代からマーケティングを学んでいたという中垣さん。初めて実務としてのマーケティングに触れ、最初は難しさも感じたと話す。

「私は大学でもマーケティングを専攻していましたが、授業ではすでに発売されている商品を扱って、開発過程などを学んでいました。ですから、消費者調査から見えてきた仮説をもとに、商品の企画開発を行ったというケースを学んでも、あくまで後付けでの理解に...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

R30のホープたちの記事一覧

R30のホープたちの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する