広告マーケティングの専門メディア

顧客体験を基点に実現する マーケティングDX

国内のマーケティングDXのポイントは「顧客視点のエコシステム構築」

武田啓和氏(イグニション・ポイント)

日本企業のDX課題とその課題解決に際して、マーケティング部門ができることは何か。国内で多くの企業のDXプロジェクトをリードしてきたイグニション・ポイント 戦略コンサルタントマネージャーの武田啓和氏に話を聞いた。

企業活動を総合的に変革し ひとつの“生命体”として組みかえる

先行きが不透明で、将来の予測が困難になっている現代。そうした環境だからこそ、DXを通じて顧客との関係性を維持、さらに向上し続けるための、コーポレートトランスフォーメーション(CX)が必要であると考えています。顧客接点の最前線を担うのがマーケティングですが、ここにおけるDXとは単にマーケティングオートメーションを導入して完了するような話ではありません。

コミュニケーションだけでなく、プロダクトや販売チャネル戦略など、マーケティング活動のすべてにおいて、変革を起こし、それらをつなげて、ひとつの“生命体”として組みかえることが重要です。

そこにおいて求められるのは、企業の存在価値・パーパスを踏まえて、柔軟な発想で戦略を転換し、顧客のライフタイムバリューを高めていくこと。そして転換した戦略に対応できる業務プロセスやシステムをつくりあげ、最終的に人材スキルの構築やマインドチェンジを促していく。そうした活動そのものが、DXの本質でありCXそのものだと考えます。

また...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客体験を基点に実現する マーケティングDX の記事一覧

理解浸透、共感醸成を図る!動画は顧客体験を高める「ハブ」
クリエイティブを科学して、すべてのニーズとペインに対応する
徹底した顧客理解の先にあるチャネル最適化 CX向上を支える3つのポイント
一貫性のない発信がブランド毀損を招く!企業のバリューから考え直すDX戦略
国内のマーケティングDXのポイントは「顧客視点のエコシステム構築」(この記事です)
マーケターが知っておくべき世界の潮流 3つの注目キーワード

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する