広告マーケティングの専門メディア

「オウンドメディア」で企業ブランドを高める、顧客を開発する!

Web広告が頭打ちの時代 オウンドメディアで購入後まで関係を築く

藤原尚也氏(アクティブ)

メディアが多様化し、マーケティングコミュニケーションの手法も増え続けている現在において、企業は何を求めてオウンドメディアに注目しているのか。また、コンテンツを運営するうえで、企業が意識するべきポイントとは。マーケティングコンサルタントとして多くの起業をサポートしてきたアクティブのCEO、藤原尚也氏が解説する。

顧客の声から学ぶことでコンテンツを進化させる

近年、企業がオウンドメディアを運営する目的は大きく2つにわかれます。ひとつはD2C企業などリアル店舗を持たない企業がネット上での話題の創出から売上につなげるパターン。もうひとつが直接顧客とコミュニケーションをとりたいという原点回帰です。

後者について話すと、ここ数年Web広告のアドテクがトーンダウンしている背景があります。GoogleやSNS広告など機械化が進み、最適化され、それに対応し続けたことで、獲得できる新規顧客数が頭打ちになるケースが多く見られます。これによりWeb広告以外で新規獲得を狙う企業が増え、オウンドメディアで直接顧客との関係を構築したいという、Web広告が台頭する前の原点へと戻りつつあるのです。

運営する際のポイントは...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「オウンドメディア」で企業ブランドを高める、顧客を開発する! の記事一覧

「OnTrip JAL」が社内をつなぐ コロナ禍で打ち出した「#旅を夢見て」
企業の情報を生活者視点で読み解く ハルマリ流コンテンツ企画術
日本におけるコンテンツマーケティングとオウンドメディアの変遷
プロダクトの均質化が進む時代 データから言語化されない生活者の姿を導く
うまくいっている企業は何が違う? 3社によるオウンドメディアの目的とKPI
Web広告が頭打ちの時代 オウンドメディアで購入後まで関係を築く(この記事です)
読まれる題材と企業発信のバランスが鍵 ブランドジャーナリズムの最新・進化形

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する