広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

文系AI人材になる──統計・プログラム知識は不要

野口竜司 氏

文系AI人材になる ──統計・プログラム知識は不要
● 著者/野口竜司
● 発行所/東洋経済新報社
● 価格/1600円(税抜)

「AI技術の進歩により、文系の自分の仕事はいつかなくなるのではないか」。本書は、そんな不安や疑問を解消するために書かれた。著者は冒頭、AIをめぐる自身の見解について説明。本書が引用するアクセンチュアが発表した調査によると、日本人のうち「AIが自身の仕事にポジティブな影響をもたらす」と回答した人は22%にとどまり、世界平均の62%より40ポイントも低かった。「日本人は世界の他の国の人と比べて、よりAIへの不安を抱いていることが分かる」(著者)。

AI導入で消える仕事はあると認めつつ、むしろ、そこから生まれるAI関連の職に就く準備をするよう勧める著者。なぜなら、昨今の潮流においては、これまではAIを"つくる"理系人材が求められてきたが、今後は既存のAIツールをどう"使う"か、を考える「文系AI人材」が重宝されるようになると考えているからだ …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

文系AI人材になる──統計・プログラム知識は不要(この記事です)
テレビ史を通じ見えてくる〈東京〉という名の表象
読売、日経、ヤフーの20年を紐解き、時流を読むセンス磨く
ITの導入で『完全無欠』に!? 可能性秘める日本の外食産業
人生の岐路に、一歩踏み出せる指南書
価値は製品に「内蔵」されていない受容者の認知便益として生まれる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する