広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

車にかけられる予算は「月1万4763円」5年連続減少

ソニー損害保険は、2020年の新成人1000人に対し、新成人のカーライフ意識調査を実施した。調査の結果、新成人の運転免許保有率は56.4%でマイカー所有率は14.8%だった。車を持たない理由について、「購入費用を負担に感じる」が5割を超え、最多だった。

運転免許保有者と取得予定者825人のうち、車の所有に肯定的な650人に、車を購入する際の予算を聞いたところ、平均額は184万円で、昨年より9万円上がった。しかし、「1カ月いくらまでならかけられるか」との質問には、平均額が1万4763円となり、5年連続で下降した …

あと39%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

料理の時短を促す商品 キャリママ利用率7~8割
車にかけられる予算は「月1万4763円」5年連続減少(この記事です)
紙ストロー導入7割が賛成 世代間の意識の差も浮き彫りに
女性の9割以上が老後の生活に対し「不安」と回答
夫の家事育児分担率2割超えで妻の幸福度は平均超が判明
『ソロ活』にかける金額 月額平均1万3254円
商品購入につながったSNS 10~20代はInstagramが最多
飲食店の無断キャンセル率 グルメサイト予約が高い割合に
タピオカドリンクの購入 頻度は「数カ月に1回」が最多
20~30代女性の約3割がインフルエンサーきっかけに購入
約8割の人が「5G」を認知 昨年度から29.4ポイント上昇
男子中高生の7割以上がYouTubeを毎日視聴
20代が仕事を通じて望むこと 第1位は「プライベートの充実」
フードデリバリー利用者は約3割 最も使われたのは「直営店」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する