広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

テレビ史を通じ見えてくる〈東京〉という名の表象

松山秀明 氏

テレビ越しの東京史 戦後首都の遠視法
● 著者/松山秀明
● 発行所/青土社
● 価格/2600円(税抜)

1950年代以降の地方からの集団就職や、1964年の東京五輪の開催などを通じ、戦後の東京には人やモノで溢れかえり、一言では説明しきれない複雑さがあった。その"語りにくさ"についてはこれまでも「時間」「空間」の視点から学術的検討が進められてきたが、本著は第3の視点としての「メディア(テレビ)」を通じた試みを提案する。

そこから導き出されるのは「イメージとしての〈東京〉」だ。「時間、空間の視座のもとでは東京の『存在』自体は自明なのに対し、テレビを通じた東京は枠組みが可変的な、イメージとしての〈東京〉である」と著者は語る。

その一部を紹介しよう。テレビ放送が開始されたのは1953年。当時は青少年への影響などから必ずしも好意的には受け止められていなかった。その反発として、NHKが1957年に放送開始したのがドキュメンタリー番組『日本の素顔』だった …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

テレビ史を通じ見えてくる〈東京〉という名の表象(この記事です)
読売、日経、ヤフーの20年を紐解き、時流を読むセンス磨く
ITの導入で『完全無欠』に!? 可能性秘める日本の外食産業
人生の岐路に、一歩踏み出せる指南書
価値は製品に「内蔵」されていない受容者の認知便益として生まれる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する