広告マーケティングの専門メディア

R30のホープたち

自社通販で商品以外の体験価値も提供し事業拡大を図りたい

伊藤 尚さん(ハウスウェルネスフーズ)

次世代を担う若手マーケター・クリエイターを紹介する本連載。新たな時代を担うホープたちはどのようなポテンシャルを秘めているのだろうか。今回はハウスウェルネスフーズ ECマーケティング部で活躍する伊藤 尚さんに話を聞いた。

ハウスウェルネスフーズ
ECマーケティング部
ダイレクトマーケティンググループ
伊藤 尚(いとう・なお)さん 29歳

2013年明治大学を卒業後、インターネット広告会社入社。営業、広告運用、メディア運営を経て、化粧品メーカーに転職しWebプロモーションを担当。2017年12月よりハウスウェルネスフーズECマーケティング部にて、自社通販サイトの運用実務全般に携わる。

事業損益だけでなく双方向コミュニケーションを意識

伊藤尚さんは、新卒でインターネット広告会社に入社し、営業や広告運用、メディア運営などを担当。広告施策の成果が事業の中でどのような位置づけであるのかを理解したいと考えるようになり、化粧品メーカーに転職。Webプロモーションを担当する中で、さらに事業全体を考えられる力をつけたいと考え、幅広い業務領域に関わることのできるハウスウェルネスフーズへ入社した。

同社はハウス食品グループに属し、飲料や健康食品を開発・製造。その中で伊藤さんは通販専売品も含めたハウス食品グループの様々な製品を販売する自社通販サイト「ハウスダイレクト」を担当している。入社後はマネージャーと2人体制だったという。「プロモーション、CRM、物流やコールセンター、商品管理、商品企画をすべてひとりで担当しました。大変でしたが、事業全体を担う経験には大きな学びがありました」 …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

R30のホープたちの記事一覧

R30のホープたちの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する