広告マーケティングの専門メディア

新元号「令和」の力

「平成」の広告、メディアを振り返る

インターネット広告が大きく伸長した平成。主要メディアにおける広告費の推移とともに、時代を彩ってきた広告を紹介します。

○1989年〜2004年

三共 リゲイン
「24時間、戦エマスカ。」(1989年、ポスター)

サントリー モルツ
「うまいんだな、これがっ。」(1992年、テレビCM)

JR東海
「そうだ 京都、行こう。」(1993年、ポスター)

サントリー 燃焼系アミノ式
「回転少女」(2003年、テレビCM)

大日本除虫菊 水性キンチョール
「つまらん」(2003年、テレビCM)

【「日本の広告費」媒体別広告費(1989~2004年)】
(注)電通「日本の広告費」より編集部作成。



○2004年〜2018年

井上雄彦 スラムダンク
(2004年、新聞広告)

あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

新元号「令和」の力 の記事一覧

「令和」時代のデジタルマーケティングに期待すること
アクティベーションプランニング進化の30年 新しい体験の演出が可能に
「令和」時代には、弁証法的なアプローチでの価値創造が必要に
メディアに携わり続けた平成の30年 広告界のゲームのルールは変わった
「平成」の広告、メディアを振り返る(この記事です)
改元が経済に与える影響とは
新元号の発表・施行と広告・プロモーション業界の動き

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する