広告マーケティングの専門メディア

新元号「令和」の力

アクティベーションプランニング進化の30年 新しい体験の演出が可能に

加藤 大氏(モメンタム ジャパン)

デジタルの登場で個人がSNSで情報を受発信するようになったことで、ターゲットにいかにブランドを好きになってもらうか?のコミュニケーション設計は大きく変化。アクティベーションプランニングは、90年代の販売促進が主軸だった頃から、テリトリーが拡大し、よりクリエイティブな施策、そして話題化ための仕込みを前段階から行っていくことが求められるようになった。

30年間、SPやPRのアクティベーション現場に携わり、体験を演出してきたモメンタム ジャパンの加藤大氏に話を聞いた。

2018年5月、日比谷で行われた「ゴジラ・ナイト」体験者視界イメージ。Microsoft HoloLensを装着することで、現実空間に3Dホログラフィックを重ね合わせて見ることができる。「ゴジラ・ナイト」は本年度ADFESTにてSILVER受賞。

人生100年時代のいま 新しい領域に挑戦していく

バブル景気の時代特有の空気が流れる中、浮ついた気分で入った平成元年の広告界。マッキャンエリクソン博報堂の会社史上でも新卒採用人数が多かった年に私は入社しました。

30年間で様々な仕事を経験してきましたが、仕事の根幹となる部分は、SPやイベント企画の部署に配属された入社当初から変わらず、生活者心理を刺激して行動を誘発するストーリーづくり、プロモーション領域のクリエイティブが主な仕事です。

昨年からは、生活者の体験をしっかり捉え、体験を通じてブランドを表現していくことを目的に部署名が「エクスペリエンス・デザイン局」に改称。イベントプロモーションの中にクリエイティブの発想を盛り込み、生活者自信にSNSで発信してもらえる体験づくりを企画しています …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

新元号「令和」の力 の記事一覧

「令和」時代のデジタルマーケティングに期待すること
アクティベーションプランニング進化の30年 新しい体験の演出が可能に(この記事です)
「令和」時代には、弁証法的なアプローチでの価値創造が必要に
メディアに携わり続けた平成の30年 広告界のゲームのルールは変わった
「平成」の広告、メディアを振り返る
改元が経済に与える影響とは
新元号の発表・施行と広告・プロモーション業界の動き

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する