広告マーケティングの専門メディア

クリエイティブの「種」、のようなもの

資生堂『The Party Bus』 アクティビティファーストのクリエイティブ

小助川雅人氏(資生堂)

人々の心を揺さぶり、行動を喚起することを目的とする「広告」。まだ誰も見たことがない新しい表現を通じて、自社ブランドの魅力を強烈に訴求することを求められるインハウスクリエイターは、日々、どのような物事からインスピレーションを得ているのでしょうか。資生堂 クリエイティブ本部の小助川雅人氏が、「広告」の枠組みにとらわれず「気になった」ものを毎回セレクトし、クリエイティブワークに生かせそうなポイントを考察します。

『The Party Bus』の動画。若年層とブランドとの接点づくりを目的に、さらに資生堂としての社会に対する姿勢や考えも示している。

2018年10月15日、アマゾン ファッション ウィークの開催中に、ブランドSHISEIDOから新しいWebムービーが公開された。全くの偶然だが、3年前「High School Girl?」が公開されたのとちょうど同じ日である。今回はこのWebムービーが制作、公開された背景について触れてみたい。

タイトルは『Tfe Party Bus』。仮装した若者で賑わうパーティーバス。その中にいるかぐや姫、サムライゾンビ、ドラキュラの3人の登場人物。サムライゾンビとドラキュラの間で揺れるかぐや姫の心‥と説明しても伝わらないのでぜひYouTubeで見てください。ハロウィンの2週間前、というタイミングでのローンチではあるが、その時期だけに照準を合わせた短期的な企画ではない …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

クリエイティブの「種」、のようなもの の記事一覧

資生堂『The Party Bus』 アクティビティファーストのクリエイティブ(この記事です)
「おもてなし」って何だろう?─2020年に向けて研ぎ澄ませるべき空気を読む力
変化する「クリエイティブ・ディレクター」の役割
「ジェンダー」の問題に、クリエイティブができること。
2018年のカンヌ審査員、 小助川氏が感じた世界の潮流─いま、向き合うべきは『social bias』
広告は企業の「態度」の表明になる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する