広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

ブランディングで過疎化と戦う ヴィンテージ日本酒「夢雀」の挑戦

ARCHIS 代表取締役社長 松浦奈津子 氏

ワインのように長期熟成できる純米大吟醸の"ヴィンテージ日本酒"。世界の一流が感嘆する、この日本酒を手掛けるのは、過疎が進む農村地域の活性化を目指す山口県のベンチャー企業だ。

山口県で生まれた"ヴィンテージ日本酒"「夢雀」。

やや腰の張った東洋的な立ち姿と、濃紺色のボトルにシンプルな和紙をのせた静謐なデザイン。岩国・錦帯橋の古材をつかったプレートには、限定1000本のシリアルナンバーが刻まれている。海外富裕層に好評の"ヴィンテージ日本酒"「2016夢雀(むじゃく)」である。

ワインのように原料である米の収穫年を明示し、1年1年寝かせるごとに熟成が進み、極みの味が堪能できる。ドバイのアルマーニホテルでは1本60万円、香港のマンダリンオリエンタルホテル香港は20万円の値をつけるなど、世界最高峰の日本酒として取引されている。

「夢雀」を世に送り出したのは、山口県のベンチャー企業「ARCHIS(アーキス)」だ。代表取締役社長は、県内・錦町出身の松浦奈津子氏。元商社マンの副社長・原亜紀夫氏とともに二人三脚で、高級日本酒をゼロからつくり上げた …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

ブランディングで過疎化と戦う ヴィンテージ日本酒「夢雀」の挑戦(この記事です)
「忙しい人に栄養のある食事を」フードテック企業発・健康になるパスタ
IoTで医療と家庭をつなげる 歯磨きをゲーム感覚で「楽しく」
中国マーケット、動画メディアの可能性 「育児動画」で巨大市場を狙う
香りを「携帯」、新マーケットを開拓

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する