広告マーケティングの専門メディア

ワールド・レポート

The One Show 受賞作品に見る、クリエイティブの力

世界トップクリエイターらが審査員を務める、「The One Show(ワンショー)」の受賞作品が5月9、11日に発表された。今年は73ヵ国から1万9823件の応募があり、エージェンシー・オブ・ザ・イヤーはBBDO New Yorkが獲得、電通が入賞点数でトップに付けた。ここでは部門別最高賞から5点を紹介する。

01 ソーシャルメディア部門:AMVBBDO、LADbible
プラスチックゴミの問題を地図上に提起

Plastic Ocean「Trash Isles」


昨年、ワンショーのベスト・オブ・ショーを受賞したのは、リオネジャネイロ・オリンピックに出場した難民選手団を称える「The Refugee Nation(難民の国家)」だった。今年の広告賞でもまた、ある「国家」が話題になった。太平洋を漂流するプラスチックのゴミの島「Trash Isles(トラッシュ島)」。この島を公式な国にしようというキャンペーンが、ソーシャルメディア部門最高賞を獲得、環境問題に配慮した作品に贈られる賞グリーン・ペンシルに輝いた。

トラッシュ島は、捨てられたビニール袋やペットボトルなどが漂流し溜まってできたもの。実際に上陸できる島ではないがその面積は現在、フランス国土ほどになっているという。

微生物に分解されないプラスチックは、海を汚染し生き物の命を危険に晒す。同キャンペーンはこうした問題を「地図上に示す」ことを目的にしている。英国に拠点を置く環境NPOのPlastic Ocean、ソーシャルメディア、エンタテインメント会社LADbibleと、クリエイティブエージェンシーのAMVBBDOが手掛けた …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ワールド・レポート の記事一覧

The One Show 受賞作品に見る、クリエイティブの力(この記事です)
ADFEST 2018 受賞作品に見る、アジアの広告キャンペーンのいま
Agency A-List 2018に見る、注目のエージェンシー
スーパーボウル2018で注目された、アイデアあふれるユニークCM
ジョン・ルイスほか、2017年クリスマス広告を振り返る
DMA国際エコー賞 受賞作にみる、「効果があった」ダイレクトマーケティング施策

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する