広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

デジタルネイティブ世代における勉強時のスマートフォン活用の実態

MMD研究所は、オンライン学習塾アオイゼミと共同で「中高生の勉強時におけるスマートフォン利用実態調査」を実施。明らかになったのは、全体の約74%が小学生6年生までにデバイスを操作した経験があり、中学1年生までには約60%がスマートフォンを持ち始める現状だ。

学校へスマートフォンの持ち込みが許可されているのは、中学生が約21%、高校生は約64%に留まったが、それぞれ約9割が勉強にスマートフォンを活用したことがあると回答した。活用方法は、「わからない問題や単語の検索」がそれぞれ約55%、高校生では「勉強スケジュールの管理」で用いるという回答が目立った …

あと43%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

デジタルネイティブ世代における勉強時のスマートフォン活用の実態(この記事です)
ミレニアル世代は客観的な評価よりも自分自身のグレードアップを求める
2018年のコミュニケーションへの期待 楽しさのカギは『直接の対話』
街中にあふれる屋外広告 その効果とは
化粧品情報収集とSNSの関連性とは
働く意欲のあるシニアは多数! 仕事が好きな人は約8割に
「ダイバーシティ」推進は約4割 人財の多様性が重要視される
「パソコン離れ」は進んでいる?大学生のパソコン使用目的は

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する