広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

化粧品情報収集とSNSの関連性とは

ポーラ文化研究所

ポーラ・オルビスグループで化粧に関する研究活動を行うポーラ文化研究所の調査によると、SNSを利用している人は全体の70%を占め、SNSを生活の中で欠かせない情報入手ツールと回答している人が「新聞」を6%上回っていることが分かった。24歳以下になると、「SNS」という回答がすべてのメディアの中でトップとなり、化粧品を購入する際もSNSを参考にしていることが明らかとなった。

また、購入した化粧品についての情報をSNSで発信する人の割合は、全体の2割に留まるものの、発信する人は若年層が多く占めており、中でも人と交流を持つことや新しいモノが好きな人が多いという結果も得られた ...

あと32%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

化粧品情報収集とSNSの関連性とは(この記事です)
働く意欲のあるシニアは多数! 仕事が好きな人は約8割に
「ダイバーシティ」推進は約4割 人財の多様性が重要視される
「パソコン離れ」は進んでいる?大学生のパソコン使用目的は
地方移住に憧れる人は2人に1人!20代は約4割がSNSの影響
「敬老の日」は何歳から?「自分はシニアと思わない」が約3割
ストレスの理由にも男女差 みんなのストレス解消法は?
「時間」に値段をつけるなら?世代ごとに異なる大切にしている時間
過去の写真はどの媒体に保存? SNSの普及で見返す機会が増加
最も利用されるSNSは「LINE」 SNS疲れを感じる媒体は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する