広告マーケティングの専門メディア

コンサルティング会社のエージェンシー買収 日本市場への影響

コンサル会社の国内でのビジネス展開を検証する

米国と日本では、企業のデジタル・トランスフォーメーションの速度もプロセスも異なる。米国で起きているようなコンサルティング会社の躍進は、日本でも起こりうるのか。マーケティング領域の支援サービスを強化するコンサルティング会社、各社の戦略を聞く。

デザイン思考に対する、ビジネス界の関心の高さも、コンサルティング会社による、クリエイティブ人材の提供の背景にありそうだ。

なぜコンサルティング会社がクリエイティブを抱えるのか?

「AdAge」によるデジタルエージェンシーランキングの変遷(参照記事)を見てもコンサルティング会社の躍進が顕著だ。さらに大手コンサルティング会社によるクリエイティブエージェンシー買収も続き、コンサルティング会社が広告業界に参入し、広告会社と真正面から戦う時代が始まっていくのでは…。そんな憶測が広まりつつある。日本でもマーケティング、特にデジタル領域でのサービスを強化する大手コンサルティング会社に実情を聞いた。

クリエイティブエージェンシーの買収については総じて ...

あと88%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

コンサルティング会社のエージェンシー買収 日本市場への影響 の記事一覧

競合するの、しないの? コンサルティング会社と広告会社
コンサルティング会社の攻勢。迎え撃つ、国内プレイヤーはいま何を考える?
企業のデジタルシフトを牽引するのは誰か?―縦割り組織の弊害と外部パートナーへの期待
アクセンチュアはじめ、コンサル会社に聞く「広告会社との関係」
コンサル会社の国内でのビジネス展開を検証する(この記事です)
なぜコンサル会社はエージェンシーを買収するのか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する