広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

【宣伝会議賞】協賛企業に聞く「協賛企業賞」の選び方

宣伝会議賞の協賛企業は、どういった視点で作品を見て、どんな方法で選んでいるのか。前回の協賛企業2社に、協賛企業賞受賞作品の選定ポイントを聞いた。

ゆうちょ銀行 協賛企業賞作品

『備男備女』になろう

キャッチーで使用シーンが想定しやすかった点が決め手に

前回、第52回宣伝会議賞では、グランプリ作品の受賞企業となったゆうちょ銀行。同行が協賛企業賞として選んだのが、冒頭のキャッチフレーズ。課題である「こつこつ貯金することが、カッコイイと思えるアイデア」に対し、
(1)課題に対して的確な作品であるか
(2)多くの共感が得られるか
(3)新たな発見・意外性があるものか
(4)使用シーンを想定し、コミュニケーションや実際の広告として活用できるものか、
という4つのポイントを基軸として広告宣伝担当者が話し合いを行い、決定したという。

協賛企業賞作品となったキャッチフレーズについて、広報部の原田夏希氏は「選定の基軸となる4点をバランスよく兼ね備えており、なかでもキャッチーで使用シーンが想定しやすかった点が決め手となりました」と話す。

選定の過程において …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

第53回 宣伝会議賞 課題発表
宣伝会議賞の受賞作品はこうして実際の広告に!~名古屋銀行の場合~
宣伝会議賞 撮影の裏側
【宣伝会議賞】協賛企業に聞く「協賛企業賞」の選び方(この記事です)
宣伝会議賞の受賞作品はこうして実際の広告に!~アイリックコーポレーションの場合~
前回グランプリ受賞者が語る「受賞のコツの“コツ”」―後半
前回グランプリ受賞者が語る「受賞のコツの“コツ”」
第52回 宣伝会議賞 入賞作品発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する