広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

宣伝会議賞の受賞作品はこうして実際の広告に!~名古屋銀行の場合~

名古屋銀行

宣伝会議賞に応募されたキャッチフレーズは、企業が出稿する広告に採用されることもある。ここでは、実際に採用された受賞作品と、活用方法を紹介する。

名古屋銀行

名古屋銀行は、第51回宣伝会議賞で協賛企業賞を受賞した「ログインすると、いらっしゃいませという声が聞こえた気がした。」ほか、5点の応募作品を使用した広告を、2015年2月から1カ月間掲出した。

同社の個人向けインターネットバンキングサービス「bankstage」を訴求する広告で、サービスのターゲットである「勤労世代」に向け“通勤”を意識し、愛知県下の主要駅を中心に展開。キャッチフレーズの入った広告については、利用者が集中する名古屋市営地下鉄東山線・名城線を走行する地下鉄の車両ジャック広告の一部として展開した。

一連の経緯について、同社の宮田愛美氏は …

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

第53回 宣伝会議賞 課題発表
宣伝会議賞の受賞作品はこうして実際の広告に!~名古屋銀行の場合~(この記事です)
宣伝会議賞 撮影の裏側
【宣伝会議賞】協賛企業に聞く「協賛企業賞」の選び方
宣伝会議賞の受賞作品はこうして実際の広告に!~アイリックコーポレーションの場合~
前回グランプリ受賞者が語る「受賞のコツの“コツ”」―後半
前回グランプリ受賞者が語る「受賞のコツの“コツ”」
第52回 宣伝会議賞 入賞作品発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する