広告マーケティングの専門メディア

COVER STORY

今月のCOVER STORY~消費者のアイトラッキングデータで店頭の陳列位置の価値を測る

オグルヴィ・ワン・ジャパン 中川斉、オディン・ワン/SiB 山田和貴

「宣伝会議」の表紙では、さまざまなジャンルの最新データをインフォグラフィックスを使って紹介していきます。今月は、消費者のアイトラッキングデータを元に、店頭の陳列位置の価値を可視化しました。

アイトラッキンググラスを用いることで、インストアでのFMOT(First Moment of Truth:消費者が、店頭で商品を買うか買わないかを決める瞬間)調査をより精密に行うことが可能になった。消費者が棚の前で立ち止まり、商品を見つけ、手に取り、カゴに入れるまでに影響するさまざまな要素を分析できるようになったのだ。今回はSiBの協力の下、“陳列位置”のみにフォーカスし、その価値を可視化した。

棚での視線移動は、原則「Zの法則」(Z字を描くように左上→右上→左下→右下と移動する)に従うが、それが必ずしも当てはまらないケースも多いことが分かってきている …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

COVER STORY の記事一覧

今月のCOVER STORY~消費者のアイトラッキングデータで店頭の陳列位置の価値を測る(この記事です)
「トータルライフタイムバリュー」に見る新時代のマーケティング~『宣伝会議』7月号のカバーストーリー
脳はどのように世界を見ている?〜『宣伝会議』6月号のカバーストーリー
「魅力ある都市のソフト・パワーとは―アジア太平洋地域の都市の評価・評判」の最新データ~『宣伝会議』5月号のカバーストーリー
「グローバル・ブランドに関する真実」の最新データ~『宣伝会議』4月号のカバーストーリー
人はなぜコンテンツをシェアするのか~『宣伝会議』3月号のカバーストーリー

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する